新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染防止策として、下記のような対応を行っております。

 ご参拝は、通常通りお参り可能ですが、手水舎の柄杓と内宮外宮拝殿の鈴の緒は撤去しております。御神札、お守り、御朱印の授与は通常通り行っております。
 ご祈祷は、ご予約の上、換気、座席の間隔を取る、マスク着用をお願いするなどの対策をした上で執り行っておりますが、受付後に当方でご祈祷の上、後ほど御神札をお引取り頂く方法もございます。
 ご参拝の皆様におかれましては、ご参拝時のマスクの着用や、ご参拝ご帰宅後の手洗いとうがいなどの感染防止に取り組んでいただけるようお願い申し上げます。
  
     

お伊勢講・お代屋講のご案内

庄内の多くの集落では、お伊勢講、お代屋講(おだいやこう・おたやこう)を組み、伊勢の神宮に代わってお参りできる「庄内のお伊勢さま」としての当宮に毎年参拝されておられます。
各集落ごとに講員を代表した代参人として、講中安全、家内安全、身体堅固、そして春には五穀豊穣などのご祈祷を受けておられます。地域の連帯感と安定、また発展につながるようご祈祷いたしております。その後、各集落でそれぞれ直会を行っておられるようです。
代参人当番の方、また数年に一度の集落全体の「総立ち」の地域の皆様、ご苦労様です。
ご参拝をお待ち申し上げます。
尚、あらかじめお電話でお申し込みをお願いいたします。

祈年祭のご案内

二月一日午前十時、祈年祭を斎行いたします。
としごいのまつりとも言われる祈年祭は、年の始めにその年の五穀豊穣、産業の発展、国家の繁栄と国民の幸せを祈る大祭です。
大勢の皆様のご参拝をお待ちしております。
諸願祈祷は午前九時より一時間ごと行います。
当日は、ご祈祷の直会として鱈の味噌焼きと蛸ご飯などの松花堂弁当をご用意いたしております。

由良崇敬者 新春祈願祭のご案内

一月二十日は、はつか正月と言われ、鶴岡市由良地域の方々は「大神宮詣り」と称し、毎年大勢の方々が参拝されております。
家内安全、身体堅固、海上安全、大漁満足、厄災消除、諸願成就をご祈願し、幸せな一年でありますようにお祈りいたします。
ご祈祷は午前九時より一時間ごとに行います。