新嘗祭を執り行いました

11月23日は今年の収穫の恵みを神様に感謝するお祭りの日でした。これは2月の豊穣を祈願するために行われた祈年祭(としごいのまつり)と対(つい)のお祭りです。令和の新時代、ここ庄内は幸いにも自然災害が少なく稔り多い年となり、庄内一円から多くの新米や農産物が奉納されました。

当日は午前10時に祭典を開始、太々神楽を奉納いたしました。各地から奉納された方々、ご参列の皆様とともに、五穀豊穣の喜びと勤労に感謝する新嘗祭になりました。

 

元年新嘗祭大和舞

令和元年を迎えて

平成から令和へかわり、新しい時代を迎えました。
平和でたくさんの幸せが訪れる時代でありますように。

伊勢代参講社大祭のお知らせ

5月5日日曜日(祝日)、令和元年の「伊勢代参講社大祭」を午前10時より斎行いたします。
祭典では、講員のご健勝と、五穀豊穣、大漁満足、産業の振興、地域の発展をご祈願すると共に、講員相互の交流と敬神の念を深め合います。
午前10時 祭典(祝詞奏上、大和舞、玉串拝礼)
  11時 境内で巫舞、獅子舞
  12時 直会
鶴岡市・三川町・庄内町等の伊勢代参講社講員のお世話人の方々、代参される講員の皆様のご参列をお待ちしております。

御日待祭のご案内

己亥歳新春一月十五日午前九時、年始恒例の伝統祭事「御日待祭」を斎行いたします。

当日は小正月とも言われ、かつては夜を徹して「日の出」を待ち、太陽(日)の恵みに感謝し、また願掛け祭礼として多くの人の信仰を集めていました。現在も鶴岡市では「御日待講」を結んでいる地域もあります。

当日は、家内円満 無病息災 交通安全 諸願成就等などの一般祈祷を午前九時より1時間ごとご奉仕致します。

皆様多数ご参拝頂ますようご案内申し上げます。

 

古神符焼納祭のご案内

伊勢両宮の「平成30年(平成最後)の古神符焼納祭」を下記により斎行いたします。
各家庭や職場で一年間私達をお護りいただいた御神札やお守りの御守護に感謝し、焼納するお祭りです。当日は境内に斎竹を四方に立てて注連縄を張り、火炉を設けて、御神札、お守り、しめ縄などを移し、神事清祓の後、浄火により焼納いたします。
古神符をお納め頂いた方々には清々しい新年をお迎えできますよう、身を清められる「ひとがた」と開運招福を祈願した神饌「ご神菓と福豆」を差し上げております。
 受付は当日前もいたします。
   日 時  平成30年12月30日(日) 31日(月) 10時
   場 所  鶴岡市神明町9-22 伊勢両宮(大神宮)境内