新嘗祭のご案内

11月23日午前10時より、例年の通り新嘗祭を斎行し、「五穀の稔り」と「産業の繁栄」に感謝申し上げると共に、「令和の大御代の弥栄」と、コロナ感染症の一日も早い終熄への「疫病退散」のご祈願をいたします。
社殿では感染対策をして安心してご参拝いただけますよう、ご奉仕申し上げます。
お初穂のご献上、皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。
尚マスクの着用をよろしくお願いいたします。

 

 

電話、FAX復旧しました

10月24日(土)夜の落雷の影響により、
伊勢両宮の電話:0235-24-6706、FAX:0235-24-6798が繋がらなくなっておりました。
大変ご不便をおかけし致しまして、申し訳ございません。
28日(水)午前に復旧致しましたので、お知らせ致します。

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染防止策として、下記のような対応を行っております。

ご参拝は、通常通りお参り可能ですが、手水舎の水を止めております。内宮外宮拝殿の鈴の緒は撤去しております。御神札、お守り、御朱印の授与は通常通り行っております。
ご祈祷は、ご予約の上、換気、座席の間隔を取る、マスク着用をお願いするなどの対策をした上で執り行っておりますが、受付後に当方でご祈祷の上、後ほど御神札をお引取り頂く方法もございます。
ご参拝の皆様におかれましては、マスクの着用をお願い申し上げます。

お伊勢講・お代屋講のご案内

庄内の多くの集落では、お伊勢講、お代屋講(おだいやこう・おたやこう)を組み、伊勢の神宮に代わってお参りできる「庄内のお伊勢さま」として当宮に毎年参拝されておられます。
各集落ごとに講員を代表した代参人として、講中安全、家内安全、身体堅固、そして春には五穀豊穣などのご祈祷を受けておられます。
特に今年は、最も大切なコロナウイルスの鎮静を願い、地域の安全、また発展につながるようご祈祷いたしております。
代参人当番の方、また数年に一度の集落全体の「総立ち」の地域の皆様、ご苦労様です。
コロナ感染対策をして皆様のご参拝をお待ち申し上げます。
尚、あらかじめお電話でお申し込みをお願いいたします。